JavaScript、Ajax、HTML5(API)、Ruby…Web及び関連技術の実験&情報公開&制作物紹介。

私のポリシー (HTML編)

| トラックバック(1)

私って「技術屋」だな、と、よく自分で思います。
例えば、「動けばいいや」という妥協ができないこと。
どうしてそうなるのか、どうしてそれで動くのか、その原理や意味を考えてしまうのです。
そして「本来の意味」が分かると、それを大切にしたいと思ってしまいます。
本来の意味にそぐわない使い方がされていれば、よりふさわしいモノ置き換えたり、覚えた使い方はなるべく活用してあげようと思ったり。
換言すると、「理論屋」とも言えるかも。

その典型例が、HTMLとCSSについて。

ネット歴はそこそこ長いので、かなり昔からホームページも作ったり壊したり(笑)していました。
昔は、「<FONT>タグで色が変えられるんだー」とか「<BLINK>って目立つから見出しに使おう」とか、タグを使って変わる表示がただ面白くて、色々実験していたモノでした。

今でも<font>タグで色は変えられるし、一部のブラウザ(UA)では<blink>に対応していますが、これらは、HTML4.0以降の規格(仕様)では、前者は"deprecated"(非推奨)に設定され、後者は規格にすら盛り込まれていません(元々Netscapeの独自タグですから)。
これは、スタイルシートという概念がWebぺーじ記述の世界に入ってきたため。
この概念の導入によって提唱されたのは(私の解釈に間違いがなければ)こういうことです:

HTMLは、あくまで文書(例えばWebページ)の構造を記述するためのモノ。
文書の見た目に関するコトは、それを定義するスタイルシートで全て実現すべき。

……んー、人によっては「それは言い過ぎちゃう?」って(関西弁なら)言われそうですけれど、あくまで「私は」そう解釈している、っていうことです。
だって、「見た目はスタイルシートに」を前提として(と言ってほぼ良いくらい)、HTMLの仕様が変遷してきているのですから。
それは最近のHTMLの仕様を閲覧して咀嚼してかみ砕いて飲み込んで消化して吸収して得たエネルギー、違う、私なりに出した結論なのです。
(特に HTML4.01 Strict, XHTML1.0 Strict, XHTML1.1 などは。)

だからそれに、できる限り従いたい、と思うわけです。
だってその方が、将来的に互換性のある、つまり後世にもある程度生き残る(可能性の高い)モノであると思えるから。

例として、将来致命的になりうるモノとしては以下のようなモノがあります:

  • コメントタグ(<!-- 〜 -->)の中で、「-」(半角マイナス記号)を隙間を空けずに2つ以上並べない(仕様上はその時点でコメント終了と見なされてしまうため)
  • 表示時にエンコードすべき文字(「&」、「<」、「>」、「"」)は、URLを記述する場合などタグの属性値として記述されるばあいにもエンコードすべき(「&amp;」、「&lt;」、「&gt;」、「&quot;」)

全然致命的でないモノでも、以下のような点がアリ:

  • 見出しタグ(<h1>〜<h6>)は見出しとして使用すべき。見出し以外の目的には使用すべきではない。
  • 逆に、ページのタイトルをバナー画像で表現するなど文字以外でマークアップする場合でも、それが見出しならば見出しタグ(<h1>〜<h6>)を使用すべき。
  • アンカー要素(<a ***="...">〜</a>)の内容中にnoスクリプト要素(<noscript>〜</noscript>)を記述、のような、仕様上許可されていない包含関係は実装しない

これらは、現在のブラウザなら(過去の遺産との互換性保持という名目で)ほとんど問題なく表示・動作します。
だから逆に問題なんですよね。
「こう書いたらこう表示されたから、それで良いでしょ?」が横行しちゃうから。
しかもそれは、ルールは知っていて、「赤信号車来ないから渡っちゃえ」「駐禁だけど監視員いないしちょっとなら」等といった『無視』とは、根本的に違うのです。
「車の運転、習ってないけれど試したらちゃんと走れた、問題ないじゃん」と同レベルの、ただの『無知』なのです。

でも、便利な「ホームページ制作ソフト」を使えば、そんな知識なんかなくてもWebページが作れちゃう。
そして「安価で品質の悪いサイト制作」と叩かれる。

いや、豚丼を否定するワケじゃないんですけれどね、私もよく利用しますし(笑)
それにそれはそれでニーズがあるわけだし、だからビジネスが一応成立はしているワケなんですし。

ただ、私はそう言う部分、「品質」にこだわりたい、と、そう思っている、という話です。
選択が間違っていなければ、最終的にはそれが後世に残ると信じていますから。
石に刻まれたくさび形文字や、亀の甲羅に刻まれた甲骨文字や、パピルスに描かれた古代エジプトの象形文字が、現代でもきちんとのこされているように。

トラックバック(1)

あんちもん2.Lab - 私のポリシー (ブラウザ編) (2006年8月27日 21:46)

私は、Operaを常用しています。Firefoxもよく使います。『標準準拠』がキーワード。 続きを読む

カテゴリ

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、あんちもん2が2006年7月 2日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「dopvSTAR* 導入メモ」です。

次のブログ記事は「ダイナミック・パブリッシングがうまくいかない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。