JavaScript、Ajax、HTML5(API)、Ruby…Web及び関連技術の実験&情報公開&制作物紹介。

MTpluginの最近のブログ記事

『日付の言語』の設定を拡張! - DateLangX プラグイン for MT4

ニッチなニーズに応えられる(かもしれない)プラグイン、MT4対応版を公開します。
Movable Type (以下、MT) の、ブログ記事設定『日付の言語』を拡張する、DateLangXプラグインです。
MT4.0以降に対応しています(MT4.01、MT4.22で動作確認済み)。
インストールすると、以下の図のように『日付表示用の言語』に項目が追加されます。

DateLangX4MT42.jpg

このプラグインは、MT4.x用です。MT3.xをご利用の方はこちらをご覧ください

拙作プラグイン MovableType4 (随時)正式対応(中)

やはりちょっと出遅れましたけれど。
MovableType 4.0 が正式公開されました。

これに伴い、拙作プラグインのMT4.0正式対応版を順次公開していきます。
対応状況は、このエントリーで随時紹介していきます。

一覧

プラグイン 対応 備考
DateSlashedFilter 非推奨
MTSpan 2007/08/15付で正式対応
AutoIncrementalVar 2007/08/18付で正式対応
CatSort  
DateLangX MT4用を別アーカイブで提供(2008/12/02)
SbCode 一部機能が動作せず
MTVoid 2007/08/15付で公開
PHPize プロジェクトによる各種PHP版プラグイン × ファイルを編集すれば動作

【2008/12/02】 DateLangX MT4.x対応版公開に伴い一部追記・修正。

評価だけして中身を出力しない - MTVoid

| コメント(2)

MTVoid 0.1 を公開します。
<MTVoid> というコンテンツタグを提供します。内容は評価するけれども、実際には何も出力しない、という動作をします。

簡単な使用例:
<MTVoid><$MTInclude identifier="styles"$></MTVoid>

(MTIncludeの処理は行われますが、その内容は出力されません。)

動作環境

Movable Type(以下、MTと略記)ver.3.x、ver.4 以降。

拙作プラグインの MovableType4β 対応状況

| コメント(11)

出遅れましたけれど。改めて。
MovableType 4β が公開されました。

気になる新機能やトピックスは、既に色々な方が記事にされているので、そちらにお譲りするとして。
拙作のMTプラグインを、MT4βで動作するか検証してみました。
その結果を報告します。

2007/08/18 記事一部変更】

ダイナミック・パブリッシング対応 indexcontext プラグイン

| トラックバック(1)

すっかりおなじみになった「MTプラグイン PHPizeプロジェクト」第6弾!

今回勝手にPHP対応化させていただいたのは、idxctxプラグイン
またまた小粋空間さんで紹介されていて初めて知ったのですが、これは便利だ、しかしダイナミック・パブリッシング未対応! ということで早速私の手で! ということなのです。

2007/05/29 ライセンスについて追記あり】

ダイナミック・パブリッシング対応 ArchiveDateFooter プラグイン

「MTプラグイン PHPizeプロジェクト」第5弾!

今回は、ArchiveDateFooterプラグイン
先日紹介したArchiveDateHeaderプラグインの対となるモノとして、小粋空間さんが独自に公開したモノです。

2007/05/29 一部追記・修正】

ダイナミック・パブリッシング対応 ArchiveDateHeader プラグイン

| コメント(7)

「MTプラグイン PHPizeプロジェクト」第4弾!

今回勝手にPHP対応化させていただいたのは、ArchiveDateHeaderプラグイン。
ver.1.0 by Adam Kalsey, ver.2.0 by Tim Appnel)
個人的には使用していなかったのですが、需要がありそうなので(含笑)、対応してみることにしました。

ついでに、現在の(Perl版)<MTArchiveDateHeader>に潜んでいる問題点にも触れてみたいと思います。

【2007/03/18 一部追記・修正】

SbCode ver.0.2 - ダイナミック・パブリッシングでの動作を変更

SbCodeプラグインをバージョンアップ、ver.0.2 としました。

主な修正点は、以下の通り:

  • ダイナミック・パブリッシングでの動作を変更(デフォルトでスタティックの場合と同じ JavaScript を使用するように)
  • 内部ロジックを一部見直し

ダイナミック・パブリッシング環境でご使用の方、および「ナイショにしてたけれどちょっと問題が発生してたんですよねー」という方(ナイショにしないで報告してくださいっ)、バージョンアップをお願いします。

ダイナミック・パブリッシング対応 MTTagInvoke プラグイン

| トラックバック(1)

私自身は、このブログではダイナミック・パブリッシングを導入していません。
ただそのニーズはあると思ったので、MTのオリジナル・プラグインを公開するときはできる限りダイナミック・パブリッシング対応になるようにしています。
先日の「SbCodeプラグイン」もそうですし、以前に公開した「AutoIncrementalVarプラグイン」も、実際にダイナミック・パブリッシング環境で使っていただけているようで、作者としてはうれしい限りです(^-^)

そこで、個人的に新しいプロジェクトを発足!
既存のプラグインを勝手にPHP対応にする、その名も「MTプラグイン PHPizeプロジェクト」!
実は過去に、CompareプラグインをPHP化しているので、今回は第2弾! ということになります。
今回提供するのは、「MTTagInvokeプラグイン」!

動作環境

Movable Type(以下、MTと略記)ver.3.x、ver.4 以降。
(MT4用、MT3用を別アーカイブで用意しています。)

2007/08/19 MT4に正式対応】

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちMTpluginカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMTCustomizeです。

次のカテゴリはMTtechです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて