趣味のこと、感動したこと、由無しごと、言葉綴り。プライベート空間を少しだけお披露目。

荘川桜

| コメント(0) | トラックバック(0)

荘川桜(光輪寺)

岐阜県高山市の、荘川桜を見てきました。
ちょうど満開!
(見に行ったのは昨日(5/4)なのですが色々あって報告は今日になっちゃいました(>_<))

毎年4月下旬から5月上旬にかけて花を咲かせるのですが、近年はGW前に咲いていて、なかなか見頃に自分の都合が合わなかったのです。
それが、今年は4月の低温続きで例年より開花が少し遅れていたのです。
その結果、見頃がGW後半にぴったり合致!
これは見に行くしかない!、ということ。

ちなみに。
所謂「荘川桜」と呼ばれる桜は2本あります。
先ほどの写真は、そのうちの1本「光輪寺」。

荘川桜(照蓮寺)

↑こちらがもう1本、「照蓮寺」。

この名前は、これらの桜が元々生えていたお寺の名前。
どちらの写真も(特に前者)後ろに湖が写っているのが見えると思いますが、この「御母衣湖」に沈んだお寺です。
「御母衣ダム」建設によって湖に沈むことになった桜を、この場所に移植した、それがこの2本の「荘川桜」、というわけです。

詳しくは、例えば↓こちらのサイトをご覧ください。

ちなみに。
見に行きたかった理由は、上記のいきさつを知っていたから、というワケではありません。
いや、正確には半分は本当。そのいきさつは後付けで知った話なので。
じゃ、一番の理由は何かというと。
私のアイコン。

Antimon2のicon
このアイコンのイラスト。
モデルになっているのが、荘川桜(おそらく照蓮寺の方)なのです。

このイラストそのものは、私の描いたモノではありませんが、ある方に描いてもらった、私の持っている絵なのです。
それを描いてもらったときに「岐阜の荘川桜というのをモデルにしている」という話を伺っていて、「いつかホンモノを見に行きたいな」と思っていた、ということです。

今回実際に見に行けて、本当に良かった。
「桜」という花には個人的に少し思い入れがあるのです。
その話はまたの機会にしたいと思います。
とにかく、わずかな時間しかその場にいられませんでしたが、この出会いには感謝。

またぜひ見に行きたいです。
今度はもう少し人が少ない日程に開花時期が重なったとき。
もう少しじっくり、語り合いたいから。
あの絵のように、月夜だったらなお良いなー。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.antimon2.atnifty.com/mt5/mt-tb.cgi/72

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、あんちもん2が2010年5月 5日 20:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5年前のメモ帳。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。