タグ「Ajax」が付けられているもの

Ajaxライブラリ MooTools の紹介 - 研究室

今、仕事の合間に色々なAjax/JavaScriptライブラリを触っています。
そんな中で、個人的に注目したのが、『MooTools』。
エフェクト系のライブラリに分類されがちですが、DOM操作やリモート操作(XMLHttpRequestを使用したサーバとのやりとり)、Safariを初めとするメジャーなモダンブラウザへの対応(クロスブラウザ対応)など、コアな部分もしっかりしており、Prototype.js(+Script.aculo.us)の代替としても充分かそれ以上のモノを備えています。

主な特徴を挙げるとすれば、以下の通り:

  • 軽量・高速
  • Safariを筆頭に、IE6,7、FirefoxOpera等でテスト済み
  • $()関数、$$()関数等、prototype.jsとの互換性があり、移行が容易
  • オブジェクト指向で、記述が直感的
  • デモが豊富、ドキュメントも充実、できること・やりたいことがすぐ分かる!

以下に、一番人気と歌われるAjax基本ライブラリ Prototype.js との比較をしてみます。

JKL.ParseXML.JSON のエラー処理について - 研究室

Ajax基本ライブラリといえば prototype.jsJSANHTTP.Request クラスが有名ですが、私は Kawa.net xp で公開されている JKL.ParseXML を愛用しています。
Ajax関連のライブラリを探していて、「手軽に使えて簡単便利」なものとして見つけたのですが、以下のような特徴があります。

  • 依存ライブラリなし、単体で使用可能
  • 取得したデータをJSオブジェクトに変換してくれるので、処理が簡単(DOMの煩雑さ・手順の多さに比べれば)
  • XML以外にもJSONやCSVなどの形式の読み込みに対応

特に最後の「JSONにそのまま対応している」というのがお手軽で良いのです。
ただ、今回ある目的でいろいろ触っていて、その「JSON対応機能」で少し難があったので、作者へのフィードバックがてら、対処法とともに覚え書きとして残しておきます。
発見した問題点は、以下の2点:

  • JKL.ParseXML.JSON クラス使用時、ある条件下で、捕捉されない(捕捉できない)JavaScriptエラーが発生する
  • 親クラスの JKL.ParseXML クラスに用意されているエラーハンドリング機構が、JKL.ParseXML.JSON クラスでは有効ではない

追記:2007/01/05】この記事の記述は、JKL.ParseXML ver.0.19 のものです。
これらの問題点をクリアしたver.0.22が即日(2007/01/04付けで)公開されました。
作者のKawasaki Yusukeさま、迅速なご対応ありがとうございます(^-^)

ブログ

研究室
書斎

タグクラウド

最近のブログ記事

Ruby東海第15回勉強会
研究室ブログ上
【覚書】[Ruby]続・トップレベルに定義したメソッドと同名のメソッドをクラスで定義した場合
研究室ブログ上
第39回FLOSS桜山勉強会
研究室ブログ上